ふしぎなマヌカン

ごはんを食べ終わると、あとはひたすらのんびり~♪


d0039963_2382520.jpg






ここでわたしは重大なことに気がつきましたっ!!

「げっ!リコーダーホテルに忘れたっ!!」

そうです、わたしと陽子はコタキナバルでリコーダーを吹くのを楽しみにしてました。

きょうは、なんにもやることなくのんびりのんびり♪

絶好のリコーダー日和だったのです!

なのに・・・持ってきた気まんまんだったのに、リュックのなかにリコーダーが入ってない!!

ごめんよ、陽子。

あした、山で吹こうぜ!

・・・というわけで、陽子は浜辺で何かを採集に勤しみ、
わたしは写真撮ったり日陰で涼んだり♪


d0039963_234158.jpg



なにを撮ってるのかな?


d0039963_2344390.jpg





奄美のアニに教えてもらった珊瑚あそび☆


d0039963_2351549.jpg



あはは~♪

なイメージでセルフタイマー☆


d0039963_236918.jpg



定番の浜辺に文字☆

KOTA KINABALU 2008


d0039963_23136.jpg



d0039963_2365914.jpg



d0039963_2371853.jpg



と、そこへやって来たインドネシア人のヤングマンたち!

一緒に写真を撮ろう♪と・・・

えっ、わたし、こんなん被ってるけと、いいの?
でも、いきなり外すのもなんだし・・・な、一枚(笑)↓


d0039963_23101575.jpg



モテモテ陽子。

いたるところで写真を撮られていました☆


d0039963_231052100.jpg



と、そこで

「日本人デスカ?」

と、声を掛けられる。

「ワタシハ、ナカムラデス!」

って、どう見てもマレーシア人だよ、きみ(笑)

な、ナカムラさんが、そこにある無料のミュージアムで働いているので、
案内してくれるとのこと。

(ナカムラという名前は、中村俊輔が好きだから出てきた名前だったみたいです^^)

コタキナバルでは最近、日本語の学校もたくさんあって、
日本語を勉強する人も増えているそうです。

ナカムラさんも、日本人の友達もいるみたいで、
今日本語を勉強中の優しい好青年でした☆


d0039963_23144685.jpg



ミュージアム入り口には、いつだったかにマヌカン島に打ち上げられたくじらの骨が。

この鯨を採集(?)するときのにおいが強烈だった!

そのほかの何かが打ち上げられたときも、とりあえずすごい悪臭だった!

・・・と、海の生物が陸へ打ち上げられてそれをどうにかする作業と、悪臭はつきものだいうことを教えてくれました。

(別にそんなことだけを説明してくれたわけじゃないよ!笑)


d0039963_23174581.jpg



左がナカムラさん、右は、ナカムラさん曰く、シャイな彼^^

この近くには、ほぼ一年中毎日ウミガメの産卵を見ることができる島があるんだって!!

今度コタキナバルへ来たときには、
一緒にその島へ行ってウミガメの産卵見ようねって針千本飲ます約束をしました♪

その丁寧でちょっと天然っぽいナカムラさんの人柄に、
ほっこりしました。

わけもわからずやって来た小さな島で、一緒に笑い合える友達が出来て、
この小さな島がいっきに身内になった気分でした☆

(実際はこの島、無人島だからみんなコタキナバルからやってきてるんだろうけれど。)

d0039963_232194.jpg



そうこうしてるあいだに、あと5分で帰りのボートの時間だっ!!

ナカムラさん、ありがとう☆

帰り道、わたしも陽子もなんだかうきうき浮かれてました。

島で働いてるみんなが笑顔で

「ばいばーい!」

って、手を振ってくれます。

「なんなんだろうね~この島っ☆」

「来てよかったね~☆」

「いい島だね~☆」

「マヌカン島にしてよかったね~☆」


目と目があったらにっこりほほえむ。

ほんのささいなことが、人にこんなにもシアワセな気分を運んでくれるんだね。

そんなことを教えてくれる彼らはきっと、気付いてないんだろうな。
わたしたちをhappyにしていることに。
by miwa-springfield | 2008-09-30 23:31 | Kota Kinabalu2008


<< さよならマヌカン 雨のマヌカン >>