おいしいものを無表情で食べるのはわりと難しい。

今朝のおおらか~な、青空。


d0039963_0262139.jpg







半年くらい前からわたしの直属の上司となったおじさんは、悪気なくいちいちカチンとくるおじさんです。

なもんで、みんなからいちいちカチンと来られているうざったい存在であったりします。

そのうえ、はっきりとしゃべらないもんだから、いちいち

「はっ?」と2度聞き返さないと、言っていることが理解不能です。

そんなわけで、わたしはいつも彼に対してツンケンした態度で接しています。

問題ない場面でも、どうしてーも素直になれず、ツンケンした態度で接してしまいます。

そんな彼が今日、息子のバイト先の3つで1500円もするというカップケーキを
差し入れ(?)してくれました。

いちいち

「こんな小さいの3つで1500円もするから・・・」

とか説明しちゃうあたりも、カチンとくる要因であります。

いつもどおり、ツンケンした態度で、

「あ、ありがとうございますっ」

とケーキを受け取ったわたし。

受け取ったとき、ちょうど伝票を封筒に入れる作業をしていたのでタイムリーに食べられず、
みんなから遅れること15分、ようやくそのケーキを食べるときがきました。

ツンケンした態度で受け取ったケーキなので、当然無表情でシレっと食べたいところ。

シレっとね。

ところがひとくち口へ運んだ瞬間

(うまいっ!チャーチャッチャチャー♪)

やばい!!さいこーーーにうまいっ!!

無表情で食べたいのに・・・無表情で食べたいのに・・・

顔が勝手ににやけてくる~・・・

あぁ、でもだめだっ!!

わたしは彼に対してツンケンキャラなんだからっ!!

ナナメ前に座ってる彼ににやけた顔が見られてないか確認するわたし・・・

あぁ、ツンケン・・・

とか考えてるあいだにとうとう耐え切れなくなって

「あっはっは~!!!」

と笑い声を出してしまった!!

いち早く前方の方より

「あんた、何笑ってんの!春っ!!」

するどいご指摘が。

あぁ、もうしょうがない。

ツンケンしてようがなにしようが、おいしいものを無表情で食べるなんて無理なことだったんだ・・・

あきらめたわたしは、カチンとくるおじさんについうっかり笑顔で

「さいこーにおいしいですっ!!!!」

と、話しかけてしまったのでした。

おじさん、めっちゃうれし得意げにそのケーキと息子のバイト先について語りだしたけど、
やっぱり何言ってるのか全く聞き取れず、でも今ばかりはツンケンするのをあきらめて

「へぇ~、そうなんですか~」

初めておじさんに愛想よく相槌を打ってみたのでした。

あしたからはまた、ツンケンするけどねっ!!

おいしい食べ物って、罪だわぁ~^^
by miwa-springfield | 2009-02-19 00:46 | DIARY


<< 予告。 続・ちくちく* >>