いまさら気付いたこと。

会社でチームは違うけど、隣の席のお姉さん(ものすごく仕事のできる派遣さん。推定30代後半)。

「はるちゃん、ホチキスの針ちょうだい!」

「はい、どうぞ。」


d0039963_04218.jpg







「はるちゃん、赤いスタンプ台貸して!」

「はい、どうぞ。」


* * *


「はるちゃん、海綿体かして!」

「はい、どうぞ。」


* * *


「はるちゃん、のり貸して!」

「(あれ?あなたものり持ってるよね・・・?)はい、どうぞ。」


* * *


「はるちゃん、赤いスタンプ台貸して!」

「(あれ?そういえば赤いスタンプ台も、みんな持ってるはずだけど・・・)はい、どうぞ。」


* * *


「はるちゃん、のり貸して!」

「(えっ?またっ?!)はい、どうぞ。」


* * *


「はるちゃん、のり貸して!」

「(えぇっ!!またっすか??)はい、どうぞ。」


* * *


「〇田さん、はい、のり。新しいの総務からもらってきましたよ!」

「きゃぁ~!ありがとう~!でもわたし持ってるのよー、補充してないだけで~!」

「(・・・まじっすか。)え!そうなんですかっ?じゃぁこれ、わたしもらいます。
わたしのボロイから。」


* * *


「はるちゃん、ホチキスの針ちょうだい!」

「(むむっ、ホチキスの針、このあいだもあげたばかりだが・・・)はい、どうぞ。」

「ありがとう。ちょっと多めにもらったから。」

はっ!!今朝新しい箱をもらってきたのに半分になってるっ!!

・ ・ ・ ・ ・

もしやこのお姉さん・・・

めんどくさがり屋かっ??

総務までの徒歩往復100歩がめんどくさいばかりに
わたしの道具を借りているんじゃ・・・。。。
スタンプ台に赤いインクを補充するのも、乾いた海綿体を濡らしに行くのもめんどくさくて
わたしに借りているんじゃぁ・・・。。。

ぷっ。

おねえさまとの付き合い約1年。

いまさら気付いてしまった。。。


d0039963_0175641.jpg



でもさぁ、どう考えたって、そんなに毎回人に借りるよりも、
自分で往復100歩歩いて満タンに補充するほうがめんどくさくないと思うんですが・・・^^;

そんなこんなで、またまたおもしろいまわりの人々観察のネタが増えてしまったぁ~!!

そんな彼女は、誰が見ても「元ヤン」ってゆうか「レディース」っぽいヤンキーフレーバーを醸しだしたおねえさま。
(あ、金髪の先輩とはまた別の方です。)

服装、話の端々にも「ヤン」を感じる・・・

でも、率直には聞けないので、わたしはさりげなく彼女に聞いてみたりした。

「〇田さん、サラシとか巻いたことありますかぁ~??」

同期のみんなに「ばかっ!率直すぎだよっ!!」
っと突っ込まれたのは言うまでもありません。

(ちなみに答えはなんとYes!・・・でも腰痛でね♪真相は、闇の中・・・)

チャンチャン♪
by miwa-springfield | 2008-11-05 23:58 | DIARY


<< 日本の秋 熟れすぎザクロ。 >>