ヤラト

本日の3時のおやつ。

「これ、賞味期限きのうまでだから。」

と、会社の兄ちゃんに渡されたパウンドケーキ(レーズン)を、4等分。でかいっ!!
を切って、チームの女性のみなさんに配布。

すると、甘い!!甘いと塩っけのあるものが食べたくなる!!とのご指摘。


d0039963_0185873.jpg







そうですね、そうですね~。

この前おじさんとコンビニで8.000円分(!!)買ってきたおやつ箱をあさり、
お煎餅を配布。

あー、やっぱり甘いものの後にはお煎餅ですよね。

満足満足。

お茶を飲んでいると、そこへおじさんがヨロヨロと帰社。

「春!」

と叫ぶと、ずっしりと重いビニール袋をわたしに向かって投げてきた。(!!)

「なんですか~・・・?」

袋から箱を取り出し、中を見ると、
某有名なお店のお饅頭が10個きれいに並んでいるっ!!

しかも、白餡と黒餡、二種類。

とりあえず白と黒どっちがいいですかー?と、配り歩いたものの、
営業さんがほとんど出払っていたため、あまる。

と、そこでおじさんから

「両方食っちゃえよ!」とのご指摘。

「はい、食っちゃいます!」

甘いものを食べて、お煎餅を食べて、せっかく均衡がとれていたのに
また甘いものがっ!!

とりあえず、塩っ気代表としてこの前お土産でもらった超小袋の柿ピーが配られる。

と、そこへ、別のチームの女性よりおもむろにトラヤの羊羹が配られ始める。

ちょっと待ってくれよっ!!

どんだけおやつが出て来るんだよっ!!

と、思いつつ、「はちみつ味」に惹かれ、うかつにも

「わーーーい☆」

大喜びで羊羹を受け取る。

でもわたし、生まれて今まで羊羹をおいしいと思ったことなんてありません。

しばらく机の上に放置。

夕方5時過ぎ。

さっきのお菓子三昧から2時間と経過していないのに小腹が減る。

羊羹に手が伸びる。

ぱくり。

「うまいっ!(チャーチャッチャチャー♪)」

やばい!!超おいしい!!トラヤの羊羹!!

いい仕事してるよ、トラヤ!!

あまりのおいしさに

「これ、ヤバイですよ!!おいしすぎますよっ!!」

周りの先輩方にトラヤの羊羹を勧めまくるわたし。

ひとくち食べるごとに

「ほんとにおいしいっ!!」

「信じられないくらいにおいしいっ!!!」


「いま、心からしあわせそうな顔をしてるよ、春。」と、先輩がぽつり。

「そんなにおいしいならこれもあげるよ。わたし、羊羹キライなんだよね。」と、また別の先輩がぽつり。

と、いうわけで、数週間後には健康診断をひかえているのに
メタボ街道まっしぐらなきょうのharumiwaさんでした。

メタボって、労災おりるのかな・・・?なんちって。

というわけで、きょう言いたかったことは、

トラヤ、バンザイ!!
by miwa-springfield | 2008-04-10 00:46 | DIARY


<< チームチェルキオ☆ こんな雨の日には >>