喪服を買おう!騒動。

今朝、会社へ行くと、朝礼で社長から衝撃的な事実が発表されました。

なんと、会社のエライ人が1時間前に亡くなったと・・・!!


d0039963_0113258.jpg







そういえば、最後に会ったのは10月1日。

それ以降、ホワイトボードは常に出張。

そんなに気にも留めずに約一ヶ月。

さすがについ最近「エライ人見かけないんですけど、どうしたんですか~?」
と、うちのチームのおじさんに質問してみると、ちょっと入院中とのこと。

そのエライ人、去年も病気して入院してたから、それがまた悪化したのかなー・・・
なんてちょっと心配してたけど、まさかこんな急に亡くなるなんて誰が想像しただろうか。


そんなわけで、会社は朝からお葬式のことで大騒ぎ!!


お通夜は明日。


あ、わたし、喪服持ってないや。
げ!黒いリクルートスーツも某理由で家にない!!

やっべー。

・・・なんて考えてると、お隣のチームで

「○○くん、28才にもなって喪服を持ってないなんて何てヤツだ!」

なんて批判の声がっ。

げげっ!!
わたしも持ってないしー・・・

「ねえねえ、喪服、持ってる??」

同期のみんなに聞いて回るも、みんな喪服を持ってるとのこと。

もしや、喪服を持ってることは社会人として常識?!

やっべーわたし、乗り遅れた!!

このままではいかん!!

喪服を買おう!!


勢い勇んで6時過ぎには会社を脱出。

マルイへGO!!

ひとりではちょっと心細く、念のためアピール程度にマリーへメイル。

「これから喪服買いに行く系!!」

・・・・

いっこうに返信なし(T_T)

しかたなくひとりでマルイへ。

探せど探せど喪服売り場が見つからず。

なんだかめんどくさくなってくるわたし。

あんなみんなに喪服デビューを断言して会社を出たのに買わないなんて・・・
でも、喪服売り場が見つからなかったんだからしょうがないよね。。。

なんて自分に言い訳しつつ、もう一周してみると、まんまと見つけてしまった!!

「げっ。あったよ。。。」

恐る恐る喪服売り場へ近づくわたし。

他に客はなし。

黒い広場に黒い服の老女が3人。

ギラリと目を光らせわたしを偵察。

(うわっ。)

恐る恐る値札を見るわたし。

(ろ、ろくまんえんっ!!)

このままこの場で彼女らのエジキになる勇気はない。
しかたない。

喪服は無かったんだ。

とぼとぼマルイを後にするわたし。

あ!そういえばIYとかなら安く売ってるかもっ♪

新たな希望を見つけ、IYへGO!!

あったあった!喪服売り場!!

んん~?
なんか、おばんくさい(T_T)

ええー、ごまんえん?!

と、立ち往生してるところに、
いまさらマリーから電話。

「どうなったー?」・・・マリー

「マルイは恐ろしくて買えず、いまIY。」・・・わたし

「ええっIY?!そんなとこにきみが気に入る喪服が売ってるわけないじゃ~ん(笑)」


・・・


やっぱそうだよね。
もう帰るわ。


トボトボ家路へ。


仕方ない、家で探すか。

そういや夏に買った黒いワンピースがあるじゃん!
それに黒い上着を着て・・・♪

すでに家に帰ってきていたパピーに

「ねえ、これ喪服っぽい?」

と尋ねると、

「喪服っぽい。」

との返事が。

よしっ!これでいいじゃん!かわいいし♪

ほっと一安心でマリーの帰りを待つ。

「ただいまー」

ようやく帰ってきたマリーのもとへ走って行き、

「これでよくない~?」

と、ルンルンで問いかけると

「ぜんっぜんだめだよそれ。結婚式じゃん!!」

ガガーーリン。

それからクローゼットをひっくりかえしていろいろ試してみるも、
惨敗。

しまいには、マリーが15年前に買ったという喪服が登場。

デヴィ婦人かよっ!

と連想させる、素晴らしい肩パット。

爆笑する母娘。


・・・


てか、爆笑してる場合じゃないよ。

着ていく服がないよ。


で、振り出しに戻る。


実は、明日のお通夜の話を聞いたときにわたしはまっさきにある人に
手を回していた。

陽子サマだ!!

喪服はないけど黒いリクルートスーツは持ってる陽子サマだ!!

陽子サマは、必要なら声かけてねーと言ってくださっていたのでした。


「早く陽子サマに貸してって連絡しなさいよー」

と、マリー。


「う、うん、そうだね。」


そして夜10時、陽子サマ、英会話スクール終了時間を狙って
襲撃!!

無事、明日お通夜に着ていく服をゲットしたのでした。

あぁ、長い長い1日だった。。。

思いがけず、久しぶりに陽子の家に突然おじゃまして、
シナモンに会って来ました☆

家が近いって、ステキ☆☆☆

陽子サマ、ほんとにほんとにありがとーーーー!!!



d0039963_037359.jpg




最後に。

この亡くなったエライ人が、最後にわたしたちに残したコトバ。

「健康な体に健全な心が宿る。」

10月1日、最後にこのエライ人を見た日、彼がくじ引き大会の挨拶のときに
言っていたコトバです。

そのとき、そのエライ人は最近体調がすぐれず、なかなかやる気も起きず、
みんなに迷惑をかけて申し訳ないと話していました。

体が健康であるからこそ、いろんなことを頑張ろう!というやる気、元気がわいてくるもの。
その体が悲鳴をあげていては、とても気持ちがついてこないって。

だから、健康には注意しなさいって。

でもまさか、あのとき、あそこにいた誰もが、そしてきっとそのエライ人自身すらも、
彼の余命が残り一ヶ月だなんて思ってもなかったことだったはずです。

ほんとにほんとに、人生なにがあるかわからないんだなーって、思ったよ。

わたしのこのタフマンな人生も、健康な体あってこそのもの。

しあわせだなーーーって思えるのも、
家族、友達、周りのみんなが健康で元気でいてくれるからなんだな。

健康な体に健全な心が宿る。

忘れずに、無理せず気張らず、たのしく生きていきたいな。

まわりのみんなもそうでありますように。


ってわけで、異様に長い日記でした。

ここまで読んでくれた方、
そして喪服騒動に巻き込まれてくれた陽子、
ありがとう!!


そして、エライ人のご冥福をお祈り申し上げます。



PS。
喪服が無いヤバさに気がついた我が母娘。
近々ちゃんと喪服を買わなくては・・・!と、今回決意を決めました。

喪服を持っている=社会人の常識!!

だぜ!

オー!!
by miwa-springfield | 2007-10-31 00:54 | DIARY


<< 喪服でハロウィン 淡 >>