想いながら

きょうは友を想いながら過ごす一日だった。


d0039963_20152263.jpg







ある新しい一歩を踏み出しはじめた友。

大好きな友に出会うたびに思うこと。

わたしはあなたの友達として出会うことができて、ほんとによかった。

友達なら、ずっとずっと、そばにいられるでしょ。

ずっとずっと、つづいていけるでしょ。

そう思えるあなたに出会えたわたしはしあわせだよ。


d0039963_20265866.jpg



夕方前、別の友から一通のメールがきました。

おなじ学年の仲間のなかで、一番にお嫁に行った友。

ことしの年末に、ママになります。って!!


自分のおなかのなかに、赤ちゃんがやってくるって、どんな気分なんだろ。


仕事をしつつも頭のなかは、ママになる友のことでいっぱい。


年上のおともだちや、先輩が結婚してママになったのとは違った気分の
おなじ年の友の妊娠報告。


わたしは自分に初潮がやってきた日のことをかすかに思い出しました。

それは、当時12才だったわたしにとって、待ちに待って、待ち焦がれた出来事でした。

まわりのともだちに、6年生でまだ初潮を迎えていない人なんて1人もいない、
というプレッシャーからの解放(なぜかみんなに「うそだ~!!」って驚かれて。。。)と、ともに
「これでわたしは赤ちゃんが産める体になったんだ!!」っていうでっかい喜び。

あまりのうれしさに、トイレから出るなり、喜びの舞を踊ったことを思い出します・・・笑

おなかのなかに、赤ちゃんがいるわけではないけれど、
おなかのなかに、赤ちゃんがやってくる準備が出来たと思うと、
12才ながらに自分がママになったみたいにうれしくて、なんだかあったかいおなかをさすってみたんだ。

そのままあまりの喜びに(?)高熱を出して学校を休み、
休み明けにうれしくってみんなに

「わたしにも生理が来たの!!」

超笑顔で報告すると、

「春ちゃんは変なやつだねぇ~」

みんなにからかわれつつも、よかったね☆ってお祝いされたんだ。


d0039963_20511785.jpg



それから15年近くたって、
わたしにはまだまだ全然ママになる準備なんて出来ていないのだけれど・・・

12才のわたしが夢にまで見たママに、ついにわたしの友がなるのです。

19才で出会い、今年27才。

あんなことで笑ったり、こんなことで号泣したり、そんなことで喜んだり、
怒ったり、怒られたり、

声を聞くだけで安心して、電話で話聞いてもらいながら、わたしはひとり、電車のなかで
ありえないくらい大号泣したことだってあったんだ。

むかしっから人一倍安心感を与えてくれてたきみだから、
きっとやさしいママになることができるね☆

おめでとう
おめでとう
おめでとう!!!

体に気をつけて、元気な赤ちゃんを産んでちょうだい♪

あぁ、でもなんだか信じらんないなぁ~、友がママになるなんて。
うれしさいっぱい!!



d0039963_21104695.jpg




きみがママになると、わたしが知った日の夕焼けを残しておきたくて、
デパートの最上階まで走ったよ(笑)

わたしのオメデトウの気持ちがいっぱい詰まったきょうの色です。
by miwa-springfield | 2007-05-22 21:15 | DIARY


<< サイゴン大教会 ホーチミン散歩 >>