PEACE BOATERS

「PEACE BOATERS」
それは、海の上のチアリーダーチームの名前です。


d0039963_2327409.jpg


















ピースボーターズのレギュラーメンバーで☆
























わたしが船の上でチアを始めたきっかけは、
優ちゃんという6才年上の相棒に出逢ったこと。

ながーいながーい船内生活、「チアリーディング!」って自主企画があることは知っていたけれど、とくに興味を持たず参加しようとしていなかったわたし。

そんなわたしが優ちゃんと出逢ったのは、
まったく関係ない

「楽器を持ってる人集まれ!」

でした。

琴を持って船に乗ってきた優ちゃんと、
フルートを持って船に乗ったわたし。

まったく共通点のなさそうなこのふたつの楽器を持ってきたことが、
わたしたちの運命の出逢い☆だったのでした♪


d0039963_21161784.jpg



たまたま優ちゃんが持ってた

「春の海」

の楽譜、尺八のパートをフルートで吹けば・・・
ってとこから、わたしたちのコンビは結成したのでした☆

船酔いまっただなかの乗船初期、無理やりこの企画にわたしを連れ出してくれたのは、
陽子でした。

琴とフルートのこのコンビは、演奏会での発表を気に、
おじちゃんおばちゃんの間で大ブレイク(笑)

飲み会のゲストに呼ばれてお祝儀(?)をいただいたり、各種イベントに出演依頼をいただいたり、予想以上の反響に大爆笑だったよ!


船の上のチアリーディングという自主企画の主催者が、
この優ちゃんだったのでした。

優ちゃんに誘われるがままに、チアの練習に参加すると、
いままでの船酔いがウソのようになくなり、
毎日毎日が信じられないほどに楽しい時間に変わっていきました。

通常の練習が終わったあとも、夜中まで飽きずに練習するパワフル男子たち、

その初心者男子たちの上に、怖がることなく乗っかる優ちゃん。

みんなの本気っぷりに、どんどんわたしも本気になってって、
3ヶ月間で、大学4年間分くらいの技をどんどこどんどこできるようになったのでした(笑)

↓ピースボーターズ in タヒチ☆


d0039963_21264114.jpg



練習後は、優ちゃんとふたり、売店でアイス買って部活後のひととき。

「みわっちー!」

いっつも新しいことをひらめいては提案してくる優ちゃんと一緒にいると、
自分達に出来ないことなんてないんじゃないか・・・とすら思えてきたよ☆


そんな優ちゃんのずっとやってみたかったことが、
自分の特技を組み合わせて披露!!

「みわっちとならできる!!」

そう言って優ちゃんが提案してきたことが、

「洋上ダンス甲子園」に出場すること。

「琴とフルート」と「チアリーディング」を合わせた構成。

最初は「はぁ~?」
って思いながら聞いていたのだけれど、
いつのまにか構成作りに夢中になってるわたしと優ちゃんがいました。


****************

最初は、ダンス甲子園なのになぜか浴衣を着て楽器を持って登場するふたり。

おもむろに

「春の海」

を演奏しだし、会場が「は?」という空気に包み込まれたところで、
チアのテーマソング、ゴリエの「ミッキー」のイントロが始まる・・・

と共に、全身タイツをはいたサザン、ほか2名が、大きな幕をあげてステージが隠れる・・・

次に幕が下りたときには、チアの衣装に早着替えしたわたしと優ちゃんが
ステージの上でスタンツを組んでいて、
ダンスを踊り始めて・・・

という構成(笑)

本番前から、毎日数時間、ふたりでスポーツジムにこもって死ぬほど練習して、
本番は大盛況!!

見事、わたしたちはダンス甲子園優勝を果たしたのでした~♪


http://kannabe.hp.infoseek.co.jp/public_html/pi-subo-to/d2tahitikaranyu-ji-ranndohe.html


↑どなたかの船旅日記を拝借☆
このページをこりずにずーーーーーーっと下まで見ていくと、
写真付きでわたしたちの勇姿を見てもらえまっす♪


d0039963_21421465.jpg



そんなこんなで、毎日毎日毎日毎日・・・・・
暇になると優ちゃんを探し、夜になると優ちゃんと語り、
船のなかの有名人、優ちゃんと一緒にいると、いろんなおじさんとお友達になることが出来ました。

陽子と優ちゃん、船のなかで共にした時間が長いのはどっちなんだ・・・?
というレベルで一緒にいたといえば、どんだけ優ちゃんがわたしの船旅のなかで肝心な人物だったかがわかってもらえると思います(笑)


寄港地ではタヒチでヘルメットダイビング、ニュージーランドでスカイダイビング☆


d0039963_21453897.jpg



優ちゃんとの思いでは数え切れないよ☆

「カリスマ主婦になる!!」

って、船降りて1ヶ月半後には結婚式を挙げちゃったパワフル優ちゃん!

船降りて一年後には、一児のママに☆

そして、2年後、わたしと優ちゃんは、優ちゃんの結婚式以来ぶりの再会を果たしました☆



d0039963_21493325.jpg

















二年間も会ってなかったのに、
そんなことはちっとも感じない優ちゃん。





















船の上では毎日あたりまえのように優ちゃんと笑ってた。

「みわっちー、あたしたち、こんなに毎日一緒にいるのに、
日本に帰ったら鹿児島と神奈川だよっ?!信じらんないよねー!!アハハ!!」

優ちゃんと一緒にいると、日常(船のうえでのね。)をすべて忘れちゃうくらい、
ただただひたすら笑ってられたよ。

2年ぶりの再会には、ピースボーターズのなかま、ゆうこちゃんと、わざわざ愛知から出てきたゆっきーが集まったよ☆


d0039963_21572552.jpg



海峡の洞穴のなかで、思いで話に花を咲かせる4人♪

「あー!だんだん船の感覚思い出してきたーーーー!!!」

鹿児島に住んでる優ちゃんは、なかなか船仲間に会う機会も少なく、
あの感覚を忘れかけてるらしい!!

思い出して思い出して!!

じゃんじゃかじゃんじゃか喋ってるうちに、本気で声が出なくなってくるわたし。

喋りすぎて、笑いすぎて、あっという間に時間が飛んでったよ。


トップとベースでチアリーディング♪
琴とフルートで春の海♪

そして船を降りて知った新事実・・・
実はうちのパピーと優ちゃんは、鹿児島のおなじ小学校の出身生。
優ちゃんとパピーは先輩後輩なのだ♪

しかーも、優ちゃんが結婚式を挙げたホテルは、
うちのパピーとマリーが新婚旅行で泊まったホテルだった♪

あの日、あのとき、わたしの運命のともだち、陽子が導いてくれた、さらに運命のともだち、優ちゃんとの出会いにかんぱーい♪




d0039963_220549.jpg



優ちゃんのおかげで見つけた最高の居場所。

優ちゃんのおかげで思い出した、自分の特技。

優ちゃんのおかげで出逢ったなかまたち。

一生のたっからものー☆
by miwa-springfield | 2007-04-15 23:27 | FRIEND


<< team5080、中華街再襲来!! 念願叶って >>