2006年7月4日無事終了!!

あれはいまから二ヶ月くらい前のこと。
朝の通勤電車のなかでわたしが見つけた衝撃的な週刊誌の中刷り広告!!

「7月4日に大地震が東京を襲う!!」

ひぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

d0039963_0175942.jpg




その日からというもの、毎日のように作戦会議を開いてきましたよ、会社の同期5人で。

お昼休みに。

7月4日はみんな、スニーカーで来なきゃだめだよ!!
ガラスの破片を踏んでけがするかもしんないからねっ。

カバンには絶対ペットボトルとチョコ入れとこうね!!

7月4日は残業しないでまっすぐ帰ろうね!!

ちゃんと家までの道のり歩いて帰れるように頭にいれとかなきゃね。

でもさ、7月4日で全部終わっちゃうならめんどっちーこと後回しでよくない??
もし生き延びれたらやればいいし。

・・・・・・・・・・・・・・

こんな会話をひたすらひたすら続けてきました。

決戦の7月4日!!

朝、会社のロッカーに着くと、ぞくぞくGパンにスニーカーで現れる我が同期たち。

「ちゃんと持ってきたー?」
「あたりまえ!!」

ペットボトルとチョコを確認。

そしてお昼。

「あぁ、なんとか無事半日終わったね。あれっ、haru*miwaさん、ペットボトルの中身、なくなりかけてるじゃん!!」

「大丈夫。ちゃんと補充しとくから。」

そして午後5:30

「じゃあね。もし生き延びることができたら、また明日会おう!!」
「さらば!!」
「気をつけて帰ってね!!」

わたしは結局残業20:00まで。

帰りのロッカーで
「あーあと二時間は来ないでくれっ!!地震!!」

真顔で話すわたしに先輩、
「まったく、シンケンなんだか遊んでるんだか。(笑)」

いや、シンケンですよ。
めちゃめちゃシンケンですよ。

わたしたち同期5人、だれひとりとしてふざけてませんから!!

いや、最初は遊び半分だったかもしれない。
けど、毎日話し合いを重ねるごとにわたしたちのシンケンさは本物のものとなっていったのですよ。

そんなわけで、我々5人のバーチャル地震dayは無事、終了したのでした。

きょうを生き残ることができたことに感謝感謝!!

では、また明日!!

☆写真は次のワールドカップ開催地、南アフリカ。ケープタウンのテーブルマウンテンと美和と陽子☆
by miwa-springfield | 2006-07-05 00:31 | DIARY


<< わさわさしてまっす♪ あなたは働くことを通じて何を得... >>