雨の日伝説

きのうの雨はすごかったーーーー!!

d0039963_2331929.jpg




きっとわたしが駅に着いた時間はピークだったに違いないっ!!
信じられない暴風雨に落雷っ!!

「なんじゃこりゃーーーーーーー」

あまりのヒドさに、駅前のドトールで雨宿りしようかと考えたそのとき、
わたしの中にある記憶がふっと蘇ってきた。

それは中学二年か、三年の夏休み。

わたしの家から中学校までは、だらだら歩いて約15分。

その日、わたしが家を出たときは、まだ何も起きていませんでした。
しかし!!エレベーターに乗って、一階に着いた瞬間、信じられない史上最強の雨が降ってきたではないかっ!!!

どんなに雨が降ろうとも、雪が降ろうとも、交通事故に合おうとも(笑)、絶対に休んではいけない(雰囲気)吹奏楽部。

わたしと友達はもちろんいつものように待ち合わせて部活へ向かいました。

ただただバケツをひっくりかえしたどころではない、まるでイグアスの滝に飛び込んだような雨のなか、歩きました。

そして、学校に着いて、音楽室のある三階へ辿り着き、窓の外を見ると・・・

「は、晴れてるーーーーー!!!」

しかも、向こうから、学校の隣の社宅に住んでるなかまが傘をささずに歩いてくる姿を発見してしまった!!

「ちっくしょーーーーー!!!!」

方やパンツまでずぶぬれ。
方や傘もささずにキャピキャピ登校。

なんだかおかしくなって大爆笑したのでした☆

もし、あの日、あのどしゃ降りの雨にあわなければ、わたしはそんな日のことなんて覚えてないんだろうな。

信じらんない出来事に遭遇するってことは、人生のネタが一個増えるかもしれないってことじゃん!!

そう思うと、きのうのどしゃ降りの雨のなか、家までの道のり、ニヤニヤしながらずぶぬれになって帰る道を迷わず選んだmiwaなのでした♪

ところで、もう何年もすっかりすっかり忘れてた記憶が突然蘇ることってよくあるけど、
そういう記憶って、どこにしまわれてるんだろうね??

人間の不思議だ・・・
by miwa-springfield | 2006-05-25 23:20 | DIARY


<< 午後二時半の女子トイレ happy buffet de... >>