注射

きょうは会社の健康診断のため、午後休!!

d0039963_23454787.jpg




わたし、小さいときから注射で泣いたことは一回もないよい子でした。
でも、小学2年生の冬、あることを知りました。

それは、血を抜かれるのが苦手ってこと。

そのころ私は佐賀県に住んでたのですが、佐賀県では(わたしの住んでたとこだけかもしれないけど)風邪をひいて病院へ行くと、コントに出てきそうなくらいでっかい注射を一発!!やるんです。

これが効果テキメンで、行きはふーふー言って病院に担ぎ込まれるのに、帰りはけろっと元気になって帰れるほど。

d0039963_2351986.jpg


ところが、その注射の最中に、どういうわけか、注射で薬を投入しているはずが、わたしの血が注射針を逆流して注射器へ吸い込まれて行く事態が発生したのです!!

それを見た瞬間クラ~っとキモチが悪くなって、「あぁ、もうだめかも・・・」と・・・。

まあ終わったらけろっとしてたんだけどね。

でも、それ以来血液検査が超苦手で、自分の血が注射器の中にたまって行く映像なんてとてもじゃないけど見ていられません(>_<)

きょうも血液検査で、注射器4本分の血が吸い取られました。
見ていないのに、想像しただけでドクドクしてきて、あと一本分抜かれていたら暴れだしていたかもしれません・・・


d0039963_23562879.jpg











だから、やりたくても献血なんて絶対できない!!



自分の血液型すら知りません。
(それとこれとは別かしら??)























健康診断が終わり、家へ帰ると、今度は個人的にインフルエンザの予防接種。
でもこれは全然平気さ♪
血さえ抜かれなければ注射なんて全然平気さ♪

そう思って近所のやってるんだかやってないんだかわかんない小さな病院へ行ったわたし。

出てきたのはよぼよぼのじいさん。

「左腕をまくって」

「はい。」

「さぁ、ここに腰掛けて。」

「は・・・」
ぶすっ。
じいさん、わたしゃまだ腰掛けてないよ。
中腰だよ。

不安の残るきょうの出来事でした。
by miwa-springfield | 2005-11-19 00:04 | DIARY


<< 日曜日の朝 人は・・・ >>