ラルナカ発、今度こそマルタへ!!!

d0039963_23401330.jpg


ラルナカ・・・

わたしが日本に帰って、一番初めにしたこと、それはインターネットで

「ラルナカ」を検索っ!!

そこは、キプロスという国でした☆

キプロス・・・またまた聞きなれない国名・・・魅力的・・・☆

いかんいかん!




ラルナカで待ちぼうけすること1時間弱。

d0039963_23425760.jpg


ごっそり出て行ったお客さんが、ごっそり戻って来ました!

ラテン系な陽気なノリになって・・・!!!!

全員親戚なのかっ??ってほどに、飛行機全体的にしゃべり声と笑い声がこだましている・・・

あっちこっちでカメラのフラッシュが光るわ、席を移動しまくるわ・・・

ラルナカ・・・

こんな小さな町(に見える)に、あんだけ大量の人が降りて行き、乗ってくる町・・・

一体何があるのでしょうか・・・???

そういうことが知りたくなっちゃうから、ハワイやイタリアが遠のくのね・・・(>_<)

いかんいかん!!

d0039963_23482686.jpg


短い時間だったけど・・・

外には出られなかったけど・・・

d0039963_2349548.jpg


この旅2カ国目、キプロス!!

アディオース!!

d0039963_23493341.jpg


さてさて、頭をマルタに切り替えますよっ^^

d0039963_2349557.jpg


出発直前に慌てて購入した地球の歩き方。

南イタリアとマルタ・・・

なのにマルタの情報、この本の後ろ、約3ミリ分しかないのねぇ~^^;

ふむふむ。

ふむふむふむ・・・

ふむふ・・・ZZZ・・・(-_-)zzz

d0039963_23571793.jpg


わぁっ!!

びっくりしたぁっ!!

もう機内食かいっ!!

なんかこの旅、やたら機内食出てくんなぁ・・・

って、それだけ時間が経っているわけであります^^;

このパン的なものを、マリーさんは大絶賛していて、帰りの飛行機でもおなじものを
大絶賛していました。

「行きもおなじこと言ってなかった??(=_= )」

としらけた発言をすると、

「行きとは中身が違うしぃ~っ!!!」

と、反論されました。

わたしはこのパン的なものの下にあるきゅうりが信じられないほどおいしかった☆

キンキンに冷えていて、レモンを絞ってチーズと一緒に食べるだけなんだけど、
ほんとにおいしかった☆

この食べ方、家でもやりたいっ!!

きゅうりラブ。

d0039963_023887.jpg


しばらくすると、隣の席からかわいいお客さんが^^

d0039963_03793.jpg


この子、ほんとにかわいくって、人見知りしないどころか、
どんどん歩き回ってみんなに挨拶しまくっていて、そのたびにお父さんが追いかけて

「すいません~^^;」

みたいになっていてとってもほほえましかった^^

d0039963_04930.jpg


にこっ☆

d0039963_042369.jpg


軽く10回は遊びに来てくれたよ^^

d0039963_045751.jpg


ふと外を見ると、まるで地図帳を開いているかのような雪をかぶった山が!!

こういう絵、あるよねぇ!!教科書とか、地図帳とかに。

あまりにも素敵な景色でした☆

d0039963_061510.jpg


エミレーツ航空から、こどもたちにはリュックサック的なものを、

そして、我々大人にまで、ボールペンとトランプのプレゼントが!!!

さっすが!世界のエミレーツ!!

d0039963_072980.jpg


我々の航路は、イラク・・・!!バグダッド、クウェート、そうそうたる地名の上空を通過します。

ドキドキ。。。

d0039963_09395.jpg


d0039963_091822.jpg


前の席に座ってるおじさんの手が、なんだかとっても深みのある素敵な手でした。

d0039963_095959.jpg


どんな職業に就いている人なんだろう・・・??

手だけで人の想像力をかきたたせるなんて、すごい!!

d0039963_0111165.jpg


ラルナカを経由したおかげで、8時間のフライトはなんだかあっという間に思えました。

眼下に見えて来た光景は、さっきのラルナカで「へ?」と思ったときとは明らかに違う、

まさに、わたしの目指して来た光景でした。

d0039963_014366.jpg


ここがわたしの目指してきたマルタ!!

ここから先はデジカメの電源切らなきゃなので画像が無いけれど・・・

わたしの目に飛び込んできた景色は、海・そして無数のキリン(東京にもあるあれです!キリンみたいな形の・・・)
そして、大量のコンテナみたいなものが積まれた港?造船所??

その先にギュギュギューーーーっと建物が密集した街、その先は一面緑と茶色の畑が広がり、
わたしたちの乗った飛行機の影が畑に写っていたの。

その飛行機の影が、どんどんどんどん大きくなって行き・・・

d0039963_0194142.jpg


ついに着陸~!!

あぁ、ほんとに素敵な景色でした。

思っていた通りすぎな景色が目の前に広がり、窓にへばりつきながら、
ぞくぞくぞく~って感動の波が押し寄せて来たよ!

ついに来たぜ!ヨーロッパだぜっ!!!

d0039963_0214074.jpg


わくわくしながらタラップを下りる。

d0039963_022934.jpg


ラルナカから乗ってきたみんなも、心なしかうきうきしてる☆

d0039963_0224795.jpg


空港到着~☆

いつもは入国カードみたいなのは機内で配られるのに、何も配られなくて少々不安だったんだけど、
空港の建物のなかに、ちゃんと書く場所がありました。

入国手続きはらくちんでした♪

なぜか審査官のおっちゃんに

「ミッヲァ!」

と叫ばれぷっ。

なぜか外人さんが「ミワ」と言おうとすると

「ミッヲァ」

になるんだよね、昔から^^;

なんでだろ~うなんでだろ~う?

d0039963_027261.jpg


無事荷物たちもさくさくっと出てきて、外に出ると、わたしたちをピックアップしてくれるだけのガイドさん(?)と、
ホテルへ送ってくれるドライバーさんが待ってました。

今回の旅は、ホテルと飛行機のみのパックで、ホテルと空港間の送迎はしてもらえるという内容でした。

いつもなら、こうやって待っててくれる方々はだいたい日本語スルーガイドさんだったので、
着いて早々「オツカレサマデシタァ~^^」なんてあったかく出迎えてもらえたんだけれど、
ここはマルタ。ユーロ。ヨーロッパ!!

「Can you speak English??」

「ノー!!」

「・・・(残念そうな顔)」

英語ガイドのおばちゃんは、残念そうな顔をしながらわたしに送迎バウチャーとホテルバウチャー
(なぜかこれは手書きの日本語だった。)を渡すと、

「この人、ドライバーさん。ホテルについたらこのホテルバウチャーを提出してね!」

の英語バージョンを言い捨てると、足早に去って行きました。。。

ちーーーん。


ちーーん。

ちーん。

早くもアジアの旅が恋しくなる病発症。

d0039963_0412414.jpg


わたしたちを乗せた車は、無言で空港を出発しました。

その車内、さっきのおばちゃんにもらった封筒の中に入っていた紙をよく見ると、

チップの目安

空港からホテルへの送迎ドライバー:20~30ユーロ


え??たっかくないっ??

20セントの間違いなんじゃないの??

いや、ユーロだよ、ユーロって書いてあるもんっ!!

1ユーロ120か130円ぐらいでしょ?ええええっ!!2.3千円っ??

ぎょぎょっ、チップ、高っ!!!

日本語が通じないのを良いことに下世話な会話にヒートアップする母娘なのでありました。
by miwa-springfield | 2011-02-04 23:46 | Malta 2011


<< パニクリ娘、首都へ行く。 いざ、ドバイ発、マルタへ!!・・・? >>